著作権・商標について

当ホームページに掲載されている著作物(文書・写真・イラスト・動画・音声等)の著作権は、公益財団法人大分県芸術文化スポーツ振興財団または、出演者などの第三者が保有しており、著作権法その他の法律ならびに条約により保護されております。著作権者の許諾なしに、これらの著作物を複製、翻案、公衆送信等することはできません。

日本近世絵画史Ⅲ 浮世絵の世界 お試し動画(冒頭5分)

日本の近世絵画の歴史について学ぶことができる特別講座。
3回シリーズの最終回は「浮世絵の世界」についてお話します。

日本を代表する絵画分野として世界に知られる浮世絵の成立から幕末までを、版画と肉筆の作品で解説します。

※こちらの動画は6月30日までの限定公開です。

大分県立美術館館長

田沢 裕賀Tazawa Horiyoshi

青森県出身。 1986年、東北大学大学院文学研究科修了(文学修士)。同年、麻布美術館学芸員。1989年、三井文庫学芸員となる。1995年東京国立博物館研究員として任官。絵画室長、調査研究課長などを経て、2017年に学芸研究部長、2020年学芸企画部長。本年より東京国立博物館特任研究員。これまでに『プライスコレクション 若冲と江戸絵画』(2006年)、『桃山』(2020年)など多くの展覧会を手がけている。日本近世絵画史を専門とし、武蔵野美術大学、東北大学大学院、成城大学大学院などの非常勤講師を勤めた。著書として『日本の美術384 女性の肖像』、『日本の美術483 遊楽図と歌舞伎図』、『カラー版 浮世絵の歴史』(共著)などがある。

この記事をシェアする

トップへ戻る